どんなことをすればいいの?受験勉強の始め方

まずは好きな教科から始めてみよう!


受験勉強をする際にどこから手を付けていいかわからない、という方は多いと思います。これは中学、高校、大学受験すべてに共通することだと思いますが、まずは自分の興味がある教科から勉強を始めてみましょう。受験勉強に一番必要なのはモチベーションです。私は高校受験を始める際、まずは英語から勉強しようと決めて勉強しました。その理由は、将来英語を使ってコミュニケーションをとってみたいという思いからでした。そこで、まず英語の勉強を始め、ある程度できるようになった、と感じたら国語、数学、と他の教科にも手を付けていきました。一つの教科ができるようになると、点数が伸びる、わかるようになることが楽しくなって、他の教科でも頑張ってみよう、という気になれます。何から始めていいかわからない!と悩む人はまず、自分の興味のあることから始めてみましょう。


効率のいい方法よりも自分が続けられる方法を


受験勉強は長期戦です。受験生は効率的に点数を伸ばすにはどうしたらいいのだろうか、などと考えることが多いと思いますが、個人的には効率のいい方法よりも、続けられる方法のほうが効果が高いように思えました。「継続は力なり」ということわざがありますが、効率を求めて辛い思いをするよりも、自分がどうすれば楽しく続けることができるのかを考えながら自分に合った勉強法を見つけることが大事だと思います。そのため、多少は時間がかかっても無理のない、楽しい方法で勉強するほうが遠回りですが自分の力になると私は考えます。効率、非効率を考えて勉強している人は、今行っている勉強が楽しいのか、続けられるのかを考えてみてはどうでしょうか。

夏期講習のメリットは短期に集中して学習が受けられることです。主に学習塾や予備校で行われており、受験を控えた学生たちが熱心に取り組みます。